2度目の訪問です。建物一杯に描かれている装飾が素晴らしい。

赤と白の梅の花が咲き始めていた暖かい春。

ちょうど昼になったので、ベンチに座って羊羹を食べる。

朱の色が青空に眩しい。

隙間なく描かれている。

何と焼き物である。佐賀県の有田焼!

こちらも、有田焼。

門をくぐると圧倒される。前回に来た時に願掛けの風鈴は取り払われている。

ため息‼️

鳳凰の絵はガラスで保護されている。

巫女たちが優雅に、参拝者のために働いている。朱色の袴が眩しい。

奥に進むと私の好きな場所。大きな岩を切り取って道が奥へと続いている。

岩に張り付いた、シダ類。

本殿の屋根の銅板も、上から見ることができる。

今年は丑年。

前回はこの道を登り頂上までいったが、今回はここで引き返そう。十分堪能した。

又、来たい。

おすすめ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。