春のような暖かい日にお雛様を出しました。心が気持ち良くなるのを感じます。

なぜか、雛人形を見ていると大好きな小林古径の「猫」や「安珍、清姫」が見たくなった。   何度も訪れた山種美術館で購入した右の画集、凛とした品があって古径の作品の中でもお気に入り。左は谷崎潤一郎、イギリスで購入した。まだ読んでないが挿絵に惹かれて買った。まず日本語の本を探さないと。

物語と古径の絵が心惹かれる。お雛様と清姫が重なっておもいだされたのかな。

この画集は右に古径の作品、左に土牛の作品と並べてるので見比べるのも楽しい。

女の子の日に浸った一日でした。女3人でお茶会です。

おすすめ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。